人気ブログランキング |

亡き子と内緒話

ルルが亡くなってもう6年が経ちました。

今でも思い出さない日はありません。

最初に飼った犬がルルでよかった、

と今更ながら思う毎日です。

ルルちゃん、ありがとう。

また会える日が来るといいね。

f0354882_15543166.jpg
ルル、今うちには目の見えない保護犬がいるよ。

ルルは最期まで見えていたから

その感覚がわからないと思うけど。

とってもいい子だから

本当のおうちを見つけてあげたい。

でもそれは難しいことなのかな。

f0354882_15554127.jpg
「なんで目の見えない子なんか引き受けたの」

知り合いに怒られちゃった。

でもこのまま繁殖場の犬舎に閉じ込めていたら

気が変になっちゃうよね。

目が見えないってそんなに大きな障碍なのかな。

ルルはどう思う?



遺影のルルは微笑むだけで

何も答えてくれません。

またルルに会いたくなってきました。

今夜夢で会えたらいいな。

夢の中でルルはきっとこう言うだろうな。

見えてても見えてなくても同じ命だよー

by watanabe-photo | 2019-03-21 16:58 | 日記 | Comments(0)
<< 終生飼育と飼育放棄 初マルシェにて >>